YTS NEWS

News

新庄で「雪の下野菜」掘り出し 販売開始

 新庄市では雪の中で寝かせることで甘さが増す「雪の下野菜」が掘り出され、店頭に並びました。

 新庄市にある産直施設「まゆの郷」の敷地の一角で掘り出された「雪の下野菜」。
 凍らないように野菜が糖分を蓄えるため、通常より甘くなると言われていて、積雪の多い最上地方でも古くから行われてきました。
 1月16日は12月25日に雪の中に埋めたおよそ400キロの野菜を掘り出しました。
 今年は暖冬の影響で例年に比べて野菜を覆う雪が少なく苦労したといいます。

【しんじょう産地直売所運営協議会 小野広美副会長】
「雪の下になかなかならなくて雪が融けないようにブルーシートで囲ったり苦労した。だんだん寒さが増してきて甘みも出てきたのでどんどん美味しくなっていくと思う」

 掘り出された野菜はそのまま直売所へ。
 
 専用のコーナーにはハクサイやキャベツ、それにダイコンなどが並び、訪れた人たちはさっそく買い求めていました。

「(Q白菜は何にして食べる?)今日は八宝菜。いつも来て買っている。安くていいんです」

【しんじょう産地直売所運営協議会 小野広美副会長】
「大変いい評判をいただいていて、いつも物が足りない状態。やっぱり味が違うと評判をいただいている。雪国でしかできないような野菜を皆さんに提供したいと思い続けている」

 雪の下野菜は新庄市の産直施設「まゆの郷」で3月下旬まで販売予定です。