YTS NEWS

News

能登半島地震から2週間 被災者支援の募金活動

 能登半島地震から1月15日で2週間です。
 山形市では被災者を支援しようと募金活動が行われました。

能登半島地震募金にご協力お願いします。

 JR山形駅では県内の労働団体や医療団体らでつくる被災者支援の実行委員会が募金を呼びかけていました。
「友達が金沢あたりに住んでいるので少し心配だなと思って周辺は大変なことになっていると聞いたので、地震前の普通の日常に戻れるように少しでも手助け出来れば良い。」

 能登半島地震の発生から1月15日で2週間。午後2時現在、死者は222人にのぼっています。
 インフラの被害も深刻で、石川県では5万5000戸余りで断水が続いています。

 山形県は災害派遣医療チーム「DMAT」に加え精神的な医療を行う「DPAT」を派遣。
 さらに県や市町村の職員が1月15日から新潟県で住宅の被害認定調査の業務にあたっています。
 また、県警によると石川県へ派遣した部隊が15日から警備活動にあたっているということです。