YTS NEWS

News

リンゴに「合格」文字 製造に障がい者が活躍

 受験シーズンにこんな贈り物はどうでしょうリンゴに食べられるインクで「合格」の文字が書かれています。

 この新商品の開発が障がい者の活躍の場を広げることに繋がっていました。
 真っ赤なリンゴに様々な文字がプリントされた「ココロリンゴ」受験に、卒業などこれからの贈り物にしてほしいと王将果樹園を運営する「やまがたさくらんぼファーム」が発売した新しい果物ギフトです。
 その製造過程にはこちらで働く障害のある方が携わっています。

【那須淳さん(56)】
「外側をきれいに磨いてつやを出しているみたいな仕事です。やりがいはあると思います」
【金子勲さん(44)】
「冬場のあんまりない仕事なのでやりがいがあります。」

 リンゴのおいしさを長期間保てる技術や特殊なプリント機械を導入したことで全ての作業を自社の出荷場内で1年を通して行うことができます。
 そのため通年の仕事として障がい者の安定雇用や今後の雇用拡大にもつながることが期待されます。

【やまがたさくらんぼファーム 矢萩美智社長】
「どんどん売れれば多くの人を雇用できるのかななんて期待をしています。特別な気持の入ったリンゴですので飾っていただいて食べていただいて頑張っていただきたいなと思います」

 農福連携で生まれた果樹王国山形らしい贈り物。
 王将果樹園の自動販売機や通販サイトで購入できます。