YTS NEWS

News

住民票そのまま転校「デュアルスクール」高畠町

 住民票を移すことなく子どもがほかの地域の学校に通うことが出来る「デュアルスクール」の受け入れが高畠町でスタートしました。

 「デュアルスクール」はリモートワークの推進などにより地方に移住する人が増える中、住民票を移すことなく子どもが他の地域の学校に通うことができるようにする制度で、2016年に徳島県で始まりました。
 今のところ徳島以外で導入したのは高畠町だけで、今回は長崎県諫早市から来た1年生の古地一葉ちゃんを体験入学として町立和田小学校が受け入れました。

「楽しい!」
一葉ちゃんはさっそく地元の児童と一緒に福を呼ぶ小正月の伝統行事「だんご下げ」作りに挑戦しました。

【古地一葉さん】
「(Q和田小のみんなどう?)めっちゃ元気。みんなで遊ぶのが楽しみ」

【高畠町 高梨忠博町長】
「町との関係人口を増やしていくのが大事。そしていずれは移住定住に結び付けられればこの事業の効果はあるのではないかと思う」

 受け入れは1月19日までで、その後も小学校2校でデュアルスクールの受け入れを募集するということです。