YTS NEWS

News

15日夜遅くにかけて庄内を中心に暴風雪に警戒

 強い冬型の気圧配置の影響で、山形県内は庄内を中心に15日夜遅くにかけて暴風雪に警戒が必要です。

 山形地方気象台によりますと、発達中の低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で庄内を中心に各地で雪となっています。
 現在、庄内には暴風雪と波浪の警報が発表されていて昼過ぎから15日夜遅くにかけて警戒が必要です。
 予想される最大瞬間風速は庄内の海上、陸上ともに30メートルとなっています。

 この影響でJR羽越線では特急いなほが上下線合わせて8本で一部区間や全区間で運休が決まっています。
 冬型の気圧配置は16日にかけて続く見込みで、庄内では警報級の風や高波になる可能性もあるということです。