YTS NEWS

News

災害派遣医療チームが語る 現地の過酷な状況

 能登半島地震の被災地に向け県内からも災害派遣医療チーム「DMAT」が派遣されていました。
 石川県穴水町から県内に戻った医師たちが取材に応じ『余震に、断水、吹雪き』と現地の過酷な状況を語りました。

「本当に大変な中でのご活動お疲れ様でした。」
 
山形市立病院済生館からは災害派遣医療チーム「DMAT」として1月6日から10日まで医師、看護師、業務調整員の合わせて5人が現地へ派遣されました。
この、「DMAT」とは機動性をもって活動できるよう専門的な訓練を受けた医療チームです。県内からは第3次隊としての要請を受け8つの病院から出動しました。

 各地から集まったDMATはまず、七尾市の総合病院に集まりその後手分けして各地での任務に当たりました。

【篠崎医師】
「行ってみて初めて僕たちの任務が割り振られるんですけど穴水町の穴水総合病院に行って業務をしてきなさいという指令を受けた」
 
 穴水総合病院では地震前からの入院患者で100ある病床がすでに満床状態でしたがそれでも次々と運ばれてくる急患の対応にも当たらなければいけませんでした。

【篠崎医師】
「地震直後の数日間は家屋に挟まれて骨折とか外傷にかかわる患者が多かったが、それがだんだんと落ち着き避難所や車中泊している人が具合が悪くなってきたとか、肺炎とか増えてきた状態」

【本間調整員】
「ピークの時は5分ごとに救急車が到着して廊下にも並ぶような状況が続きまして」

 衛生環境も悪い中で長期の避難生活が続いていることから高齢者を中心に体の不調を訴える人が続出していました。
 しかし、病院内も過酷な状況で真冬にも関わらず暖房は使用できず断水も続いていました。

【木村看護師】
「水を使う治療は手術とかはできないということで必要な人は転院搬送になるが、あとちょっとしたお水は期限が切れたお水でも傷をあらうことはできるのでそういうのでなんとか」

 転院が必要な患者は近くとも3時間かかる別の病院へと搬送しなければいけませんがその搬送も命がけだったと話します。

【蜂谷調整員】
「7日に雪がすごくて猛吹雪で道路も地割れとか陥没とかでゆきがふるとそれが見えない状態で」

【半田看護師】
「私たち2人で患者さんを別の病院に搬送したが搬送している時に余震と津波の情報が流れてきて隣がすぐ海で反対側が山になっていて道が一本しかなくて危ない状況だった」

 移動が困難を極め病院自体もひっ迫していることから避難所の回診などには手が回らなかったといいます。
 地震が直接の原因ではなく厳しい避難生活による病気などが多発している現状を受け篠崎医師は、広域的な医療ケアを早期に進める必要があると感じていました。

【篠崎医師】
「いま山形市は普段の日常が送れています。石川県は壊滅、非常事態ぜんぜん別の世界。断水と道の状況ですよね。簡単な医療は継続できるが本格的な治療はあそこではできない。まだまだ患者さん新たにでてきてますので病院機能を上手く回さないことにはダメなので広域搬送は必要なのかな。まだまだ終わらない。全然おわってないですね」