YTS NEWS

News

Bリーグ2部山形ワイヴァンズ、後半戦の必勝を祈願

 バスケットボールBリーグ2部の山形ワイヴァンズがリーグ後半戦の必勝を祈願しました。

「レッツゴーワイヴァンズ!」

 子どもたちの声に迎えられた選手やスタッフたち。前半戦をチーム初の9連勝で折り返したワイヴァンズは、現在、17勝13敗で東地区3位につけています。

 神事では石川裕一ヘッドコーチらが玉串を捧げ、シーズン後半戦のチームのさらなる躍進を祈願しました。

【鈴木大 主将】
「たとえシュートが入らなくても全員がディフェンスやリバウンドの部分にすごくフォーカスしてやれている部分が多いので、9連勝に繋がっている。もちろん連勝記録を伸ばすのは大事だとは思うけれど、最終的にまずはプレーオフを目標にやっていきたい。」

 また、現在、スリーポイントシュート成功率リーグ4位の工藤貴哉選手も気持ちを引き締めます。

【工藤貴哉選手】
「フィーリングは良い。スリーポイントを一本でも多く決めてチームを助ける、チームを勝利に導いていければ。次節は1月20日、ホームで青森と対戦します。」