YTS NEWS

News

スマホで110番の映像を送信 県警がシステム啓発

1月10日は「110番の日」です。

 県警は、通報する際にスマートフォンなどを使って事件・事故の映像を警察に送ることができるシステムなどの啓発を行いました。
 今日は山形市の商業施設で2023年4月から県警が本格運用している「110番映像通報システム」などについて利用が呼び掛けられました。

 このシステムは、音声だけでは把握が難しい事件や事故等の現場の状況を、映像を通してより詳しく通報できるシステムです。
まず110番通報を受けた通信指令員が、内容に応じ通報した人に対し、映像を送信できるかを確認し、同意があった場合に通報した人のスマートフォンなどにURLが送信されます。

 送られたURLにアクセスするとカメラが起動し、リアルタイムで映像を撮影し、送信することができます。
担当者は撮影の際の注意点も呼び掛けます。

【県警本部通信指令課 横倉友裕次長】
「交通事故現場などは不用意に道路に出ると車にはねられる可能性がある。まずはご自身の安全を確保した上で無理なくご協力をいただきたい。」

この映像通報システムは 運用開始の2023年4月から12月までに県内ではおよそ90件の利用があったということです。