YTS NEWS

News

「デジタル推進員」委嘱 デジタル機器サポート

 山形県西川町でデジタル機器などに不慣れな人たちをサポートする「デジタル推進員」が町民から選ばれ委嘱状が交付されました。

 西川町では防災などの情報を伝達するため1月中に町民全ての家に一台ずつタブレットが配付されます。
 配付を前に1月10日「デジタル推進員」6人に菅野町長から委嘱状が手渡されました。

 6人は12月の公募で集まった町民と町の職員で県内で高齢化率が最も高い西川町の高齢者などに向けてタブレットの使い方などを教えていきます。

【西川町デジタル推進員 黒田勝さん(37)】
「色々な方法、使い方は十人十色あると思うが全部教えて全部できるわけではないのでキーになるような興味を引くような要素を教えられればと思う。」

【西川町デジタル推進員阿部昌範さん(59)】
「(タブレットは)特別なものじゃないよといつでも隣にタブレットがあったり普通にかばんの中にあるような状況になれればいいなと思う。」

政府はデジタル機器に不慣れな人たちにオンラインでの行政手続き方法などについて教えるデジタル推進員の配置を全国で進めています。