YTS NEWS

News

山形大学の被災県出身学生、13人と連絡取れず

 能登半島地震を受けて山形大学が進めている学生の安否確認についてです。
被災県出身の学生で連絡が取れていないのは現在は13人となっています。

 山形大学によりますと各被災県の出身学生は新潟県416人、富山県39人、石川県21人、福井県8人の合わせて484人にのぼります。
 大学では、冬休みで帰省していた学生も多いことから発災後、この4県出身の学生にメールや電話で安否確認を進めています。
1月9日日午後4時時点では107人と連絡が取れていませんでした。その後、90人以上と連絡がついたため1月10日午前9時現在では連絡が取れていないのは新潟県出身の13人となっています。
 大学では、通信環境が悪い場合やスマートフォンの充電がなくなっている可能性もあるとして引き続き安否確認を進めるということです。