YTS NEWS

News

山形牛の初競り、最高値は天童市産のメス177万円

 山形牛の枝肉の初競りが山形市で行われました。

 県食肉公社で開かれた初競りには尾花沢市や最上町などから103頭の黒毛和牛が出品されました。
 1月9日は県内だけでなく首都圏や関西などからも仲卸業者が参加。
 色合いや霜降りの具合など、肉質を細かくチェックし、価格を入れていました。

1月9日の最高値は天童市産のA5ランクのメスで、1キロあたり3467円、1頭でおよそ177万円の値が付きました。
 平均落札価格は1キロあたり2825円で、去年の初競りと比べて61円安いということです。
 それでも関係者にとっては手ごたえのある競りとなったようです。

【山形牛枝肉市場流通振興協議会 栗田幸太郎会長】
「11月の中旬以降、価格も上がってそのまま引きずってくれたような感じで安心した。全国の中でもおいしさの点は山形牛が一番だというところまで来ているので今後も気を引き締めておいしい山形牛ということにこだわっていきたい」