YTS NEWS

News

山伏が県庁訪問 県政の発展や職員らの無病息災祈願

 出羽三山神社の山伏が正月勧進として県庁を訪れ、県政の発展や職員らの無病息災を祈願しました。

 県庁を訪れたのは鶴岡市の出羽三山神社の山伏たち。
 11月に庄内を回る「松の勧進」に対し1月は「正月勧進」として村山地方を中心に内陸を巡回しています。

 この「正月勧進」は50年ほど前から行われていて、神社に参拝できない人たちを山伏が直接訪れ、祈願しています。
 きょうは観光復活推進課などの部署を回り、山伏が祝詞を読み上げるなどして県政の発展や職員らの健康を願いました。

【出羽三山神社 伊藤真尋権禰宜】
「コロナ禍が4年続きましたけれども、これが落ち着いて、県政の発展はもとより県民の皆さんの健康、また安泰というものをあわせて祈りまいりました」

 県内の「正月勧進」は1月15日まで続き、1月末からは東京でも巡回するということです。