YTS NEWS

News

95歳の女性が励む 繭玉を使った干支づくり

遊佐町では、繭玉を使った干支作りが進められています。

 白い繭玉2つを緑色に染めあげ、角や尾を付けらてた、こちらの繭細工は来年の干支「辰」です。制作に励むのは、遊佐町吉出の高城繁子さん95歳。50年ほど前から制作しています。「辰」の繭細工づくりで一番大変なのは「歯」の部分ということです。
【高城繁子さん】
「この表情を出すのが辰らしい。災難を断つように良い年を迎えられるようにと作っている」
 高城さんは、お客さんからの声が励みになっていると話します。
【高城繁子さん】
「またお願いしますよと言われると私も良かったという気持ちになりありがたく仕事をしている」
 これらの繭細工は、台座付きが1個1000円。交通安全のお守りタイプは300円で町内の道の駅で販売されています。