YTS NEWS

News

正月用のかまぼこ作り 最盛期

 おせち料理に欠かせない正月用のかまぼこ作りが鶴岡市で盛んに行われています。

 鶴岡市の「滝川蒲鉾」では今月中旬に正月用のかまぼこ作りが始まり、今が最盛期です。鶴岡市では定番の紅白かまぼこだけでなく、だて巻きの生地で魚のすり身を巻いた「吉野巻」が名物となっています。職人たちは一つひとつ丁寧に形を整えていました。

【滝川蒲鉾 滝川義朗代表取締役】
「縁起物。巻物は福を巻いて皆さんの福を願っている吉野巻ですから。新年を迎えるにあたり健康、長寿、幸せがやってくるようにと作っている」。

 こちらの吉野巻やかまぼこは店頭の他、市内のスーパーでも販売されます。