YTS NEWS

News

山形県が1月4日からパートナーシップ宣誓制度導入

 山形県は性的マイノリティのカップルを結婚と同等の関係と認めるパートナーシップ宣誓制度を来月4日から導入すると発表しました。

 導入されるパートナーシップ宣誓制度では、2人またはどちらか一方が県内に住んでいる性的マイノリティのカップルを県が公的にパートナーと認め宣誓書受領証を交付します。この受領証によりカップルの県営住宅への入居や県立病院での面会、各自治体での行政サービスなどが受けられるようになります。県内の自治体では今年4月に酒田市が初めて導入。都道府県単位では東北で青森、秋田に続く3例目となります。

【吉村知事】
「今後も全ての県民が性別に関わりなく個人として尊重され社会や地域で個性や能力を十分に発揮できる山形県の実現を目指して取り組んでいきたい」。

 申請の受付は来月4日からで県庁での対面のほかオンラインでの手続きも可能だということです。