YTS NEWS

News

「いなほ14号」脱線・転覆事故から18年

 38人が死傷したJR羽越線の脱線・転覆事故から12月25日で18年です。
庄内町では事故が発生した時刻に合わせ黙とうが捧げられました。

 2005年12月25日JR羽越線特急「いなほ14号」が突風にあおられ脱線・転覆、5人が死亡し33人が重軽傷を負いました。

 庄内町の事故現場では12月25日夜発生時刻の午後7時14分に合わせ、JR東日本の役員らが黙とうを捧げました。
 25日は遺族ら合わせて138人が献花に訪れたということです。
事故を受けてJRでは2017年から突風を予測するためドップラーレーダーに加え2020年からはそのデータ分析に人工知能=AIを活用するなどし列車の安全運転に努めています。