YTS NEWS

News

モンテディオ山形社長、秋春制移行に賛成の立場示す

サッカー・Jリーグは12月19日2026年からシーズンの開幕時期を現在の2月から8月とする「秋春制」に移行すると決定しました。
モンテディオ山形の相田健太郎社長は、クラブとして移行に賛成の立場を示しました。
 サッカー・Jリーグは現在2月にシーズンが開幕し12月に閉幕しますが、秋春制では8月の第1週頃に開幕し、翌年の5月最終週頃に閉幕。
 降雪期にあたる12月第2週の試合後から翌年2月の第3週頃までを「ウインターブレーク」として試合を行わない期間を設けます。
 
 一方、山形を含む降雪地では冬場にアウェーでの試合が続いたり、屋外での練習に制約が生じたりするなどの課題も残っています。
 モンテディオ山形の相田健太郎社長は12月19日オンラインで会見を開き、「クラブ内で議論し対応が可能と判断した」と述べました。

【モンテディオ山形 相田健太郎社長】
「残された課題を解決することが必須なのでしっかりとクラブとしての意見も踏まえ今後も議論に参加していきたい」

 冬の試合の開催時期の変化については12月にアウェーでの連戦が予想されるとして、「選手に出来るだけ負担がないよう練習環境を確保したい」と話しました。
 また、移行に不安を抱えるサポーターに対しては「今後、丁寧に説明していく必要がある」としました。

【モンテディオ山形 相田健太郎社長】
「サポーターの皆さんに楽しんでもらえるようなコンテンツになれるよう全力で対応していきたい」