YTS NEWS

News

7万球のLEDライトでイルミネーション開催

 寒河江市でクリスマスムードを彩るイルミネーションのイベントが行われています。12月18日の様子を取材してきました。

「この寒い時期に見たくなるのがイルミネーションですよね。少し雪を纏ったライトたちが最上川沿いを照らしています。ほんわかとしたやさしい光ですね。」

 11月25日から寒河江市の最上川ふるさと総合公園で開催されている「やまがた音と光のファンタジア」
今回が3回目でおよそ7万球のLEDライトは園内に流れる音楽に合わせ色が変化していくようプログラミングされていて、60万色もの光が見る人を惹きつけます。

「このイベントの目玉となるのがこちらのメイツリーです。真ん中のツリーには寒河江市らしいさくらんぼの装飾が施されています。」

 10メートルほどの迫力あるツリーのほか、さくらんぼのハートベンチやひかりの羽根など様々なフォトスポットが用意されています。
訪れた人たちは写真に収め雪景色と一緒に楽しんでしました。

「綺麗だなって思った。楽しかったです。」
「いろんな所で写真を撮れるし、色が変わっている所とかすごくおもしろいです。(写真みせて)こんな感じ」
「SNSで見て来ました。綺麗だったね。音楽とめっちゃマッチしててね。あげようねインスタ。ここ来なって。」

 12月24日のクリスマスイブにはマルシェなどのイベントが開かれる予定です。
 また、イルミネーションは元日から正月バージョンに変わり1月8日まで楽しめます。