YTS NEWS

News

荘内神社で恒例の「すす払い」新年迎える準備が着々と

 新年を迎える準備が着々と進められています。
 鶴岡市の荘内神社では1年間たまったほこりを落とす恒例の「すす払い」が行われました。

 例年およそ8万人の初詣客でにぎわうここ鶴岡市の荘内神社では、午前中から「すす払い」が行われました。
 参拝客がお参りをする拝殿では、神職や巫女らが長さ3メートルほどの竹の先にくくりつけた笹の葉で梁や柱などについたほこりを丁寧に落としていきます。また、床を雑巾で拭くなどしていました。

【荘内神社 石原未代子権禰宜】
「普段は届かないよう細かいところまで汚れがたまっているので1年間の汚れや皆さんのけがれを払うような気持ちで掃除している」

荘内神社では元日午前0時から新春の特別祈祷が行われます。