YTS NEWS

News

蔵王ライザスキー場 雪なく安全祈願祭 22日オープンへ

 山形県上山市のスキー場「蔵王ライザワールド」がオープンするのを前に、安全祈願式が行われました。

 式典には、スキー場のスタッフや観光関係者などが参加し、冬山の安全を祈願しました。本来は12月15日 スキー場開きとなるはずでした。

【菅原智郁アナウンサー】
「スキー場開きの日を迎えましたが、残念ながら、きょうはゲレンデの地面が見えてしまっている状態」

 11月末には約40センチの積雪があったそうですが、その後 大雪とはならず、15日の雨で、さらに雪がとけてしまったということです。
 蔵王ライザワールドでは、雪の予報が続く日曜日以降圧雪作業などを行い、12月22日のオープンを目指すそうです。

【蔵王ライザワールド 垂石憲紀 社長】
「(スキー場開きの日に雪がないという)状況は約13年ぶりなので、非常に残念。寒波に期待して、来週からリフトを稼働させられるよう準備を万端にしたい」

 蔵王ライザワールドは、来年3月24日まで営業予定。
 新型コロナが5類に移行した今季は、コロナ前と同じ4万人の来場者を見込んでいます。