YTS NEWS

News

山形県内初 物流業者がEVトラック導入

 温室効果ガスの排出量ゼロを目指して、山形市の物流業者が県内で初めて電気自動車のトラック=「EVトラック」を導入しました。

 EVトラックを導入したのは、山形市に本社を置く第一貨物です。こちらの新型EVトラック「eCanter」にはバッテリー2個が搭載され課題とされてきた航続距離は最大で200キロ程となっています。
 温室効果ガス排出ゼロのほか、走行、停車時の騒音問題や振動によるドライバーへの負担を軽減するメリットがあります。物流業者によるEVトラックの導入は、県内で初めてです。
 
【第一貨物松田伸三常務取締役】
「私も運転してみたが音がしない。山形のお客様でも環境に配慮しているお客様は多いいろいろと広めていきたい」

 トラックは山形、東京、大阪の各支店に1台ずつ導入され、企業向けの集荷などに活用されます。今後は運用実績などを踏まえて導入の拡大も検討していくということです。