YTS NEWS

News

乗用車で男性はねた死亡事故 容疑者の男を送検

 12月9日、山形県村山市の国道で、乗用車が男性をはねた死亡事故。過失運転致死の疑いで逮捕された男の身柄が、山形地検に送られました。

 送検されたのは、村山市白鳥の会社員・斎藤大和 容疑者(25)です。
 斎藤容疑者は9日午後6時50分ごろ、村山市白鳥の国道347号を普通乗用車で走行中、スマートフォンを手に画像を注視し、前方にいた仙台市の配達員・新関和彦さん(54)をはねて死亡させた疑いが持たれています。

 現場は片側一車線の直線道路で、新関さんは道路脇に軽貨物車を止めていて、車から降り道路上にいました。
 警察によりますと、斎藤容疑者は容疑を認めているということです。