YTS NEWS

News

木材の利活用学ぶ研修会 山形市コパル

 林業や建築などに携わる技術者が、木材の利活用方法を学ぶ研修会が、山形市で開かれました。

 木材産業に携わる民間事業者や県内の自治体の職員らが訪れたのは、山形市の児童遊戯施設「コパル」。
 約40人の参加者たちは、体育館スペースが山形市のカラマツを利用して作られたことなどの説明を受けました。

「木琴ベンチです!こんな音がしまーす!(カラカラカラ)」

 コパルは、県産木材を活用し、年齢や障がいの有無に関係なく遊べる遊具も、多く設置しているのも特徴です。

【望月雅人キャスター】
「山形の木材を使った大きなアトラクション。皆さん、実際に体験して肌で木材の利用方法を感じている」

【参加者】
「(Q.県産木材の魅力)登って滑って触ってすごく感じた。情報をもっと取って知る機会を自分で増やしていけば、もっと このように素敵な施設が山形にいっぱいあるんだということが知れるのかなと」