YTS NEWS

News

「日本一の観光案内所」実現へ高校生が意見を交わす

山形市が設置を目指す「日本一の観光案内所」。
 その実現に向けて、市内の高校生が意見を交わしました。

「日本一の観光案内所」はこれまでにない新しい価値を持った観光施設して、山形駅前の設置が計画されています。
 12月6日若い人の意見を取り入れようと山形市立商業高校でワークショップが開かれ、市内の8つの高校からおよそ30人の生徒が参加。

互いにアイデアを出し合い、「日本一」にふさわしい観光案内所の姿を話し合いました。

「日本一試食の多い観光案内所」
「いい、いい」

生徒の願いは・・・

【山形市立商業高校2年近野莉菜さん】
「観光に来た方だけじゃなくて、地元の方の交流の場にもなる施設になってほしい。日本一として、世界にももっと山形の良さを知ってもらい、たくさんの方に来てもらえるような県になればいい」

 山形市はこうした意見などを参考に、今年度内に施設の素案を固めたいとしています。