YTS NEWS

News

モンテディオ山形が知事に報告 抱負語る

 シーズンを戦い終えたモンテディオ山形が吉村知事を表敬訪問し、来シーズンへの抱負を語りました。

 挨拶に訪れたのは相田社長と渡邉監督、それに山田キャプテンと南キャプテンです。今シーズンは2年連続でプレーオフに進出したモンテディオ。懇談ではJ1昇格を果たせなった悔しさを選手たちは口にしました。

【山田拓巳選手】
「2年連続、そこ(プレーオフ)で終わっているのでもうひと越え自分たちは抜けないといけないなと感じた。相田社長は印象深かったというホームでのリーグ最終戦のサポーターの姿を振り返っていました。」

【相田健太郎社長】
「本当に最後までセレモニーが終わるところまでほとんどの方に残ってもらったので、寒いのに皆さん強いなと思ったのと、本当にありがたいと思った。」

 山田キャプテンはすでに来シーズンに向けて気持ちを引き締めていました。
【山田拓巳選手】
「この結果に終わっていることをどれだけ重く受け止めて来年、一日一日を過ごしていけるかがものすごく大事だと思うし、本気でJ2優勝したいならしっかりとシーズンオフで準備していかないとそう簡単に(J2優勝は)獲れない。あとは結果で僕たちは証明するしかない。」