YTS NEWS

News

鶴岡の「切りさんしょ」作り盛ん 年の瀬の縁起物

 鶴岡市の年の瀬には欠かせない縁起物の和菓子「切りさんしょ」作りが盛んに行われています。

 もち米に黒糖と山椒の粉を練り込んで作る「切りさんしょ」は、明治時代鶴岡市の菓子職人が東京・浅草で買い求めたお菓子をヒントに考案されました。
 山椒はその香りが魔除けになりまた、一度にたくさんの実を付けることから子孫繁栄につながる縁起物とされています。
ここ鶴岡市の木村屋では11月中旬から製造が始まり職人たちが細かく切ったあと袋詰めしていました。

【木村屋 吉野隆一社長】
「サンショウの実のクセのある香りが特徴。来年に良きことあれと願いを込めて。健康であるように。健やかな年になるように願ってお召し上がりいただければ」

「切りさんしょ」は12月中旬まで販売されます。