YTS NEWS

News

西村山と天童の2消防本部が合同訓練 土砂災害想定

 大雨による大規模な土砂災害を想定した2つの消防本部による合同訓練が寒河江市で行われました。

「誰かいますか?」

 西村山消防本部と天童市消防本部では隣接応援協定を結んでいて、合同訓練はその一環で行われました。
 訓練にはそれぞれの消防署員あわせて34人が参加。大雨により大規模な土砂崩れが発生したという想定です。
 
「今、要救助者の捜索が始まっています。いつ起こるかわからない土砂災害に備えて救急隊が捜索活動を行っています」

 参加者はスコップで土砂を撤去したり「ゾンデ棒」と呼ばれる道具で救助者がいないかどうかを確認したりして訓練に臨んでいました。
 
【西村山広域消防本部消防署第一課 村上周次課長補佐】
「隊員の連携、他隊との活動の協力というところを強化して災害に対応できる有意義な訓練ができたと思っております」

【天童市消防署 木本修消防司令補】
「土砂災害などの災害の経験がある職員は少ないので、訓練を通じて現場にしっかりと対応できるようにしていきたいと考えております」

 2つの消防本部では今後もこうした訓練を重ねていくとしています。