YTS NEWS

News

庄内で暴風雪 JRは計画運休も

発達した低気圧の影響で県内は庄内を中心に暴風雪となっています。県内では午前11時までの最大瞬間風速が酒田市飛島で37・6メートル、小国で32メートル、酒田で31・9メートルなどとなっています。また真室川町差首鍋など8カ所で最大瞬間風速が2月の観測史上最大を記録しました。山形地方気象台ではあさってにかけて暴風雪や大雪に注意するよう呼びかけています。強風などの影響でJRは計画運休としている路線があります。羽越線の酒田・秋田間、奥羽線の庭坂・米沢間で終日、運転見合わせとなっています。代行輸送は行っていません。山形新幹線は福島・新庄間で本数を減らして運行しています。また陸羽東線は始発から正午ごろまで鳴子温泉・新庄間で運転見合わせ、陸羽西線は新庄・余目間で一部の列車が運休となっています。さらに奥羽線の山形・新庄間、仙山線と米坂線の一部の列車に遅れが出ています。