YTS NEWS

News

地震の余波 交通機関への影響続く

福島県沖を震源とする地震の影響で、山形新幹線は福島ー東京間の運転を終日見合わせています。再開までは10日ほどかかる見込みです。JRによりますと13日夜に発生した地震で東北新幹線の那須塩原ー盛岡間で高架橋や電柱に損傷が見つかり、現在、運転を見合わせています。この影響で山形新幹線つばさも福島ー東京間で運行できず、きょうも終日運休しています。再開までは10日前後かかる見込みだということです。なお福島ー新庄間は本数を減らして運転しています。東京に向かう人は「在来線を3、4回乗り換えて那須塩原まで行き、新幹線に乗るチケットを買った。新幹線がこれだけ止まるのはびっくり」と話していました。また、奥羽線は庭坂ー米沢間で、終日運転を見合わせています。ほかの在来線は通常通り運行しています。山形新幹線の運転見合わせに伴い、山形空港では新型コロナの影響で全便運休となっていた日本航空の山形ー羽田便が臨時便として合わせて4便を運航しています。県のまとめによりますと今回の地震による県内の被害は、きのう現在、人的被害が1件。建物被害では、寒河江市で住宅の一部破損が1棟、中山町や村山市などでカーポートや小屋など合わせて24棟が全壊しています。