大蔵村



大蔵村の概要

 大蔵村は、最上地方の最南端にある人口およそ4,700人の村です。

 南西に出羽三山の主峰・月山,南東に修験の山・葉山がそびえ、それらの山々を源とする銅山川・赤松川が最上川に注ぐ。その最上川は村の中心地を東西に走り、かつては舟運で栄えた面影を残す。

 農業を基幹産業とし、それに次ぐ産業として観光がある。その唯一の観光地である肘折温泉は、今から約1200年前に発見され、古くから湯治場として栄えており、現在に至っている。また一方江戸中期には出羽三山の登拝口として栄えている。湯治客を相手に始まった朝市は、冬期間を除き、朝5時から毎日開かれている。
大蔵村の特産品
●ほていまんじゅう
 ほてい屋オリジナルのおまんじゅうは、あんこがたっぷり。これぞまんじゅう。
●いがもち
 緑鮮やかな笹の葉に白いもちを乗せ、その上に黄色の米をまぶしたいがもちは、色のコントラストが楽しい。
●くじらもち
 もち米と黒砂糖が原料のくじらもち。くるみの歯ざわりと素朴な味がおいしく、まちのあちらこちらで販売。
●山菜
 自然の宝庫、肘折の山菜は、山ウド、タケノコ、シドケ、ワラビなどその時の旬を十分に味わえる逸品ばかり。口のなかにフワリと広がる季節の香りが何ともいえないおいしさを誇る。きのこも秋の風物詩として親しまれている。
●肘折そば
 なめらかで香りのよい肘折のそば。ツルツルといくらでも食べられそう。三人前ある板そばが人気で、女性でもそのおいしさにペロリ
●伝統肘折こけし
 鳴子、遠刈田両系の影響を受け、100年の歴史を持つ肘折こけし。胴は鳴子式で肩の張ったものが多く、描彩は遠刈田色が濃いなかに独自の風格をもっている。現在、二名の工人が造っており、その表情には肘折特有のものがある。
●地酒
 こんこんと沸き出でる清水から作られた地酒。その歴史は400年を越え、まろやかな味の奥に歴史を感じる。
大蔵村ホームページへ
http://www.vill.ohkura.yamagata.jp/

2012年度 「歴史をのぞけば・・・」
2011年度
ユーモア賞
パワースポット『地蔵倉』で縁結び
2010年度 文学と湯けむりの里
2009年度
優秀賞
神様の階段
2008年度
優秀賞
真っ赤なホント
2007年度
映像賞
むらのあかり
2006年度 歴史はながくてあたたかい
2005年度
映像賞
あなたはまだ…
2004年度 モギリミズ
2003年度
大 賞
・・・肘折温泉 親子の休日・・・
2002年度
演技賞
肘折温泉『なめこ日和』
2001年度 夢 Part2
2000年度

地図から選ぶ!
地図から選ぶ
 

朝日町
飯豊町
大石田町
大江町
大蔵村
小国町
尾花沢市

金山町
河北町
上山市
川西町

寒河江市
酒田市
鮭川村
庄内町
白鷹町
新庄市

高畠町
鶴岡市
天童市
戸沢村

長井市
中山町
南陽市
西川町

東根市
舟形町

真室川町
三川町
村山市
最上町

山形市
山辺町
遊佐町
米沢市

酒田市 鶴岡市 庄内町
旧八幡町
旧平田町
旧松山町
旧朝日村
旧温海町
旧櫛引町
旧羽黒町
旧藤島町
旧余目町
旧立川町

■バンクナンバー
ふるさとMAP
●作品賞別
2000年度(第1回)2001年度(第2回)2002年度(第3回)2003年度(第4回)2004年度(第5回)2005年度(第6回)
2006年度(第7回)2007年度(第8回)2008年度(第9回)2009年度(第10回)2010年度(第11回)2011年度(第12回)
2012年度(第13回)2013年度(第14回)2014年度(第15回)2015年度(第16回)
●作品一覧
2000年度(第1回)2001年度(第2回)2002年度(第3回)2003年度(第4回)2004年度(第5回)2005年度(第6回)
2006年度(第7回)2007年度(第8回)2008年度(第9回)2009年度(第10回)2010年度(第11回)2011年度(第12回)
2012年度(第13回)2013年度(第14回)2014年度(第15回)2015年度(第16回)
 < YTS HOME >

※ふるさとCM映像をご覧いただくには、Windows Media Playerが必要です。
映像はデータ量が大きいため、ブロードバンド回線等でご覧いただくことをおすすめします。
アナログ回線、ISDN回線の方は、ダウンロードに長い時間が必要です。

Windows Media Player
ダウンロードはこちら(W/M)

Copyright(C)YTS山形テレビ 〒990-8511山形市城西町5-4-1TEL 023-645-1211(代)