提言の広場


第2442回  県都の新生 中核市移行の意義

<テーマ> 県都の新生 中核市移行の意義

<放送> 12月15日(土) 午前7時30分~午前8時

来年、2019年4月1日付けで、
山形市が中核市に移行することが決定した。

県から2400を超える事務を譲り受け、
行政の効率化と、市民サービスの向上などを図るとともに
周辺自治体と連携した発展を目指していく。

中核市への移行により、県都・山形市がどう生まれ変わるのか考える。

<出演>
■ 山形市長 佐藤孝弘 氏
■ 東北芸術工科大学 デザイン工学部 教授 馬場正尊 氏
■ 山形経済同友会 会員
  損害保険ジャパン日本興亜(株) 山形支店長 大西章泰 氏

181215山形市 中核市移行の意義.JPG

2018年12月13日