提言の広場


第2418回 紅花文化の継承・発信

<テーマ> 紅花文化の継承・発信

<放送> 6月30日(土) 午前7時30分~午前8時

先日、文化庁は「山寺が支えた紅花文化」を日本遺産に認定した。
しかし、後継者不足などから、
紅花栽培を取り巻く環境は非常に厳しくなっている。

日本遺産認定を機に、紅花栽培の技術を継承し、
紅花文化の魅力を国内外に発信する方策を探る。


<出演>
■ 山形市高瀬地区振興会 会長
   山形紅花まつり 実行委員長  滝口孝一 氏
■ 東北芸術工科大学 教授  辻けい 氏
■ 山形経済同友会 常任幹事
    髙島電機 代表取締役会長  井上弓子 氏

180630紅花文化の継承.JPG

2018年6月29日

第2417回 耕作放棄地再生に向けて

<テーマ> 耕作放棄地再生に向けて

<放送> 6月23日(土) 午前7時30分~午前8時

農家の高齢化、後継者不足などから
現在、耕作放棄地が拡大し、その対応が急務となっている。

そうした中、高畠町では「日本酒」と「ワイン」で
耕作放棄地を再生していこうという試みが始まっている。
その取り組みを例に、
荒廃した農地を再生するための方策やアイデアを語る。

<出演者>
■ (株)ウィルド 代表取締役  大越賢治 氏
■ 高畠 熱中小学校 事務局  長谷川智之 氏
■ 山形経済同友会 会員
 (株)高畠ワイナリー 代表取締役社長 村上 健 氏

180623耕作放棄地.JPG

2018年6月18日

第2416回 観光と環境の両立 民泊のあり方

<テーマ> 観光と環境の両立 民泊のあり方

<放送> 6月16日(土) 午前10時55分~午前11時25分
      *通常と放送時間が異なります

今月15日、住宅宿泊事業法が施行され
一般住宅に旅行者を有料で泊める「民泊」が解禁される

国は、2020年に外国人旅行者を4000万人に増やす目標を掲げており、
民泊は、その受け皿として期待される。
一方で、治安や衛生の面で不安視する声も上がっている。

山形県でも一定の規制を盛り込む条例制定を検討しているが、
果たして「民泊」はどういう形が望ましいのか、考える。

<出演>
■ 山形県旅行業協会 会長  
  (株)トラベル企画 代表取締役 佐藤順仁 氏
■ 全日本不動産協会 山形県本部 本部長
  (株)加藤住建 代表取締役 加藤信芝 氏
■ 山形経済同友会 会員
  ホテルメトロポリタン山形 取締役総支配人 新沼悟 氏
180616民泊.JPG

2018年6月12日

第2415回 「美酒県山形」を世界に発信

<テーマ> 「美酒県山形」を世界に発信 IWC日本酒部門審査会

<放送> 6月9日(土) 午前7時30分~午前8時

先月、山形市を会場に、世界最大規模のワイン品評会である
インターナショナル・ワイン・チャレンジの日本酒部門審査会が開催された。
国内では、東京、兵庫についで3番目の開催となる。

美味しい日本酒の産地・山形を、
国内外にアピールする絶好の機会となった今回のIWC開催を、
今後の山形の酒造りや輸出戦略にどう生かしていくのか語る。

<出演>
■ 山形県酒造組合副会長
  鯉川酒造 代表取締役社長  佐藤一良 氏
■ 山形県酒造組合需要開発委員長
  六歌仙 代表取締役社長  松岡茂和 氏
■ 山形経済同友会 会員
  山形県酒造組合会長
  出羽桜酒造 代表取締役社長  仲野益美 氏

180609IWC成果を活かす.JPG

2018年6月07日