提言の広場


第2248回 製品から商品へ 有機EL

<テーマ> 製品から商品へ 有機ELの現状と将来

<放送> 3月28日(土) 午前7時30分~午前8時

将来の山形の産業をけん引するものの一つとして
産学官が連携して取り組む有機エレクトロニクス関連事業。

県内企業との製品開発は5年が経過し、
今後はいかに商品としてビジネス化していけるかがカギとなる。

今月上旬、東京で開かれた日本最大規模のあかりの展示会への
山形の有機EL出展の模様とともに、
有機ELの現状と今後の可能性について語る。


<ご出演>
■ 県工業戦略技術振興課 課長  木村 和浩 氏
■ (株)クルー 代表取締役
  県産業技術振興機構 スペシャルメンター  馬場 了 氏 
■ 山形経済同友会 常任幹事
  後藤電子(株) 代表取締役社長 後藤 芳英 氏
 
有機ELの現状と将来.JPG

2015年3月25日