提言の広場


第2143回 環境危機と企業の省エネ

< テーマ > 環境危機と企業の省エネの必要性

 

< 放送 > 3月23日(土) 午前7時30分~午前8時

 

 地球温暖化による環境危機が叫ばれている中、環境改善のために企業として何ができるのか。

 効率的・効果的な「省エネ」を実施していくためには何が必要なのか考える

 

< ご出演 >

■ (株)グリーンユーティリティー(名古屋市) 代表取締役 

  省エネルギーコンサルタント     森 幸一 氏

■ 山形経済同友会 常任幹事

  五十嵐物産(株) 代表取締役  五十嵐 信 氏

 

企業の省エネ.JPG

 

無駄を改善する「省エネ」。

エネルギーを有効利用することによって環境問題と向き合っている森幸一さんにお話を伺いました。

森さんは、月1000万円かかっていた、老舗旅館の電気代を500万まで削減するなど、

我慢しない、不便を感じない、無駄を徹底的になくす「省エネ」で成果をあげています。

7月から電気料金の値上げも決まっていますが、企業にとっては大きな負担です。

震災後は「省エネ」「節電」の意識が非常に高まりましたが、

これを期に、もう一度、電気使用について考えることが必要ではないでしょうか。

多くの企業が、「省エネ」を真剣に考える事で、地球環境の改善にもつながっていくのです。

2013年3月22日