提言の広場


第2314回 保育人材の確保にむけて

<テーマ> 子育て支援の充実~保育人材の確保にむけて~

<放送> 7月2日(土) 午前7時30分~午前8時

全国的に待機児童や保育士不足が深刻な問題となっている。

山形県でも、就学前児童数は減少しているものの
3歳未満児を中心とした保育ニーズの高まりや、
厳しい雇用環境などから保育士不足となっている。

今後、保育人材をどう確保し、
子育て支援の充実を図っていくのか現状と課題について語り合う。

<出演>
■ 山形県子育て推進部長  飛塚典子 氏
■ 山形県保育協議会 会長
  小国町 すみれ保育園 園長 五十嵐友明 氏
■ 山形経済同友会 会員
  第一生命保険(株) 山形支社長 谷池正弘 氏

160702保育人材.JPG

2016年6月28日

第2313回 個性ある食文化を発信

<テーマ> 個性ある食文化を発信

<放送> 6月25日(土) 午前7時30分~午前8時

都道府県庁所在地と政令指定都市で実施されている
総務省の家計調査

品目別の年間消費支出額の調査で、
山形市が「外食の中華そば」など複数の項目で全国1位となっている
その中には「他の洋生菓子」という項目も。

個性的な食文化の奥深さを探り
県外に発信していくための取り組みやアイデアを語り合う

<出演>
■ やまがた女将会 会長
  ル・ベール蔵王 取締役社長  川崎禮子 氏
■ 山形県洋菓子協会 会長
  (株)杵屋本店 代表取締役社長  管野高志 氏
■ 山形経済同友会 会員
  キリンビールマーケティング(株) 山形支社長 富川祐一郎 氏

160625食文化.JPG

2016年6月21日

第2312回 新分野を切り開く

<テーマ> 新分野を切り開く ~やまがた中小企業のチャレンジ~

<放送> 6月18日(土) 午前7時30分~午前8時

技術力のある中小企業が多いと言われている山形。
グローバル化や、市場が変化していく厳しい環境の中で
中小企業が持続的に成長していくには、
「新分野への進出」「新製品の開発」が鍵を握っている。

これまで培った技術を活かし、
中小企業が新分野に踏み出すにはどうすれば良いのか、
「ものづくり山形」のさらなる飛躍について提言する。

<出演>
■ (独)中小企業基盤整備機構 東北本部長  高村 誠人 氏
■ (株)ニューテックシンセイ 代表取締役  桒原 晃 氏
■ 山形経済同友会 常任幹事
  後藤電子(株) 代表取締役社長  後藤 芳英 氏

160618新分野.JPG

2016年6月17日

第2311回 電力自由化で何が変わる

<テーマ> 電力自由化で何が変わる

<放送> 6月11日(土) 午前7時30分~午前8時

今年4月から電力の小売りが全面自由化され、
一般家庭でも「電力会社を選べる時代」がやってきた。

電力自由化によって私たちの暮らしは何が変わるのか
新しい制度のねらいや効果、疑問点などについて語り合う

<出演>
■ 前経済産業省 電力・ガス取引監視等委員会
        総括企画調整官  神崎 忠彦 氏
■ 朝日新聞 山形総局  県政担当記者  前川 浩之 氏
■ 山形経済同友会 会員
   リコージャパン(株) 山形支社長  脇永 勉 氏

160611電力自由化.JPG

2016年6月07日

第2310回 広げよう吹奏楽のすそ野

<テーマ> 広げよう吹奏楽のすそ野

<放送> 6月4日(土) 午前7時30分~午前8時

県内の吹奏楽は、文化活動の一つとして着実に発展を遂げ
小・中・高校でのクラブ活動や部活動は
今やスポーツ関係の部活動よりも盛んになってきているという。
その普及や活動を進め、さらにすそ野を広げるためには何が必要か。

また、今年度から着工し、2019年度開館予定となっている
山形駅西口の文化施設新ホールへの期待などについても聞く。

<出演>
■ 山形県吹奏楽連盟 会長  原田 英紀 氏
■ 朝日新聞 山形総局長  村山 正司 氏
■ 山形経済同友会 会員
   加藤総業(株) 代表取締役社長 加藤 聡 氏

160604吹奏楽.JPG

2016年5月31日

第2309回 平成28年度 通常総会

<テーマ> 平成28年度 山形経済同友会 通常総会

<放送> 5月28日(土) 午前7時30分~午前8時

今月20日に開催された平成28年度 通常総会の模様を伝える。

今年度の基調方針では、
「創造的で魅力ある雇用の場を創出する」
「次代を担う人づくり、地域づくりへの注力」
「本格化するインバウンドへの対応」が、重点課題としてあげられ、
各方面にわたって幅広く活動を展開していくことを確認した。




2016年5月27日

第2308回  山形県版CCRCの可能性

<テーマ> 山形県版CCRCの可能性

<放送> 5月21日(土) 午前7時30分~午前8時

  国が地方創生の観点から実現をめざす日本版CCRC構想に関して、
 県内でも導入に向けた動きが出ています。
 今回は、このCCRC構想の地方にとっての可能性や導入に当たっての
 課題などについて、お話を伺って参ります。 

<ご出演>

■ 東北公益文科大学地域福祉コース准教授 鎌田 剛 氏

■ 未来創造館代表取締役 齋藤 綠氏

■ 山形経済同友会顧問
  東北文教大学人間科学部学部長 大川 健嗣 氏

doyu0521.JPG


2016年5月20日

第2307回  熊本地震から1か月 県内の防災体制再点検

<テーマ> 熊本地震から1か月 県内の防災体制再点検

<放送> 5月14日(土) 午前7時30分~午前8時

  熊本地震から1カ月が経ちました。
 依然活発な地震活動が続き、多くの被災者が不自由な生活を余儀なくされています。
 今回の熊本地震で見えてきた新たな課題や改善策を探り、
 改めて災害への備えについて考えてみたいと思います。

<ご出演>

■ 防災アドバイザー
  ウェザーハート災害福祉事務所代表 千川原 公彦 氏

■ 山形県危機管理課長 井上 宏彦 氏

■ 山形経済同友会 常任幹事
  五十嵐物産代表取締役社長 五十嵐 信 氏

toyukai0513.JPG

2016年5月13日

第2306回  若者の県外流出に歯止めを

<テーマ> 若者の県外流出に歯止めを

<放送> 5月7日(土) 午前7時30分~午前8時

  新年度が始まっておよそ1カ月が経ちました。
 今年も進学や就職で多くの若者が県内を離れました。
 こうした若者の県外転出が、長い間、山形県の人口減少の大きな要因となっています。
 今回は、県内の大学の学長お2人をお迎えして、
 若者の県外流出に歯止めをかけるには、
 大学として、また県全体としてどのような取り組みが必要なのか、お話を伺って参ります。

<ご出演>

■ 山形大学学長 小山 清人 氏

■ 東北公益文科大学学長 吉村 昇 氏

■ 山形経済同友会 会員
  坂部印刷 代表取締役社長 坂部 登 氏

doyu0507.JPG


2016年5月06日

第2305回  ひとと地域が輝く「やまがた創生」実現へ  ~吉村知事に聞く~

<テーマ> ひとと地域が輝く「やまがた創生」実現へ  ~吉村知事に聞く~

<放送> 4月30日(土) 午後4時55分~午後5時25分

  平成28年度がスタートしてまもなく1カ月がちます。
 今回は、吉村美栄子山形県知事を迎えて
 今年度の県政運営について、お話を伺って参ります。

 
<ご出演>

■ 山形県知事 吉村美栄子 氏

■ 山形経済同友会 代表幹事
  シベール 特別顧問 熊谷 眞一 氏

■ 山形経済同友会 副代表幹事
  山形建設 代表取締役社長 後藤 完司 氏


doyukai0430.JPG
  


2016年4月29日

景観賞

最新の記事