提言の広場


第2308回  山形県版CCRCの可能性

<テーマ> 山形県版CCRCの可能性

<放送> 5月21日(土) 午前7時30分~午前8時

  国が地方創生の観点から実現をめざす日本版CCRC構想に関して、
 県内でも導入に向けた動きが出ています。
 今回は、このCCRC構想の地方にとっての可能性や導入に当たっての
 課題などについて、お話を伺って参ります。 

<ご出演>

■ 東北公益文科大学地域福祉コース准教授 鎌田 剛 氏

■ 未来創造館代表取締役 齋藤 綠氏

■ 山形経済同友会顧問
  東北文教大学人間科学部学部長 大川 健嗣 氏

doyu0521.JPG


2016年5月20日

第2307回  熊本地震から1か月 県内の防災体制再点検

<テーマ> 熊本地震から1か月 県内の防災体制再点検

<放送> 5月14日(土) 午前7時30分~午前8時

  熊本地震から1カ月が経ちました。
 依然活発な地震活動が続き、多くの被災者が不自由な生活を余儀なくされています。
 今回の熊本地震で見えてきた新たな課題や改善策を探り、
 改めて災害への備えについて考えてみたいと思います。

<ご出演>

■ 防災アドバイザー
  ウェザーハート災害福祉事務所代表 千川原 公彦 氏

■ 山形県危機管理課長 井上 宏彦 氏

■ 山形経済同友会 常任幹事
  五十嵐物産代表取締役社長 五十嵐 信 氏

toyukai0513.JPG

2016年5月13日

第2306回  若者の県外流出に歯止めを

<テーマ> 若者の県外流出に歯止めを

<放送> 5月7日(土) 午前7時30分~午前8時

  新年度が始まっておよそ1カ月が経ちました。
 今年も進学や就職で多くの若者が県内を離れました。
 こうした若者の県外転出が、長い間、山形県の人口減少の大きな要因となっています。
 今回は、県内の大学の学長お2人をお迎えして、
 若者の県外流出に歯止めをかけるには、
 大学として、また県全体としてどのような取り組みが必要なのか、お話を伺って参ります。

<ご出演>

■ 山形大学学長 小山 清人 氏

■ 東北公益文科大学学長 吉村 昇 氏

■ 山形経済同友会 会員
  坂部印刷 代表取締役社長 坂部 登 氏

doyu0507.JPG


2016年5月06日

第2305回  ひとと地域が輝く「やまがた創生」実現へ  ~吉村知事に聞く~

<テーマ> ひとと地域が輝く「やまがた創生」実現へ  ~吉村知事に聞く~

<放送> 4月30日(土) 午後4時55分~午後5時25分

  平成28年度がスタートしてまもなく1カ月がちます。
 今回は、吉村美栄子山形県知事を迎えて
 今年度の県政運営について、お話を伺って参ります。

 
<ご出演>

■ 山形県知事 吉村美栄子 氏

■ 山形経済同友会 代表幹事
  シベール 特別顧問 熊谷 眞一 氏

■ 山形経済同友会 副代表幹事
  山形建設 代表取締役社長 後藤 完司 氏


doyukai0430.JPG
  


2016年4月29日

第2304回  世界に輝く地域を創ろう  ~全国経済同友会セミナー 2016 OKAYAMA~

<テーマ> 世界に輝く地域を創ろう  ~全国経済同友会セミナー 2016 OKAYAMA~

<放送> 4月30日(土) 午前7時30分~午前8時

  全国44の経済同友会が共催する「第29回全国経済同友会セミナー」。
 今年の総合テーマは、「世界に輝く地域を創ろう 桃太郎の郷から発進」です。
 全国から集まった過去最高のおよそ1400人の経済界のリーダーが、
 2日間に渡って、活力ある地域づくりに向けて話し合い、
 様々なテーマと視点から、地域発展のあり方を議論します。
 山形経済同友会からも、8人が参加しました。
 今回は、「第29回全国経済同友会セミナー」の模様をお伝えします。

2016年4月29日

第2303回  やまがた花回廊 キャンペーン10周年

<テーマ> やまがた花回廊 キャンペーン10周年

<放送> 4月16日(土) 午前7時30分~午前8時

  今月始まった置賜と山形をエリアとする広域観光キャンペーン『山形花回廊』が
 今年でちょうど十周年を迎えましたが、
 今回はこの『やまがた花回廊」を推進する関係団体のみなさんに
 来ていただき、十年を振り返るとともに、
 山形観光推進のための戦略・アイデアを語っていただきます。
 
<ご出演>

■ 山形県観光物産協会 専務理事 佐藤 嘉髙 氏

■ 白布温泉「西屋」若女将 遠藤 央子 氏
  
■ 山形経済同友会 常任幹事
  (株)上杉コーポレーション代表取締役会長 内藤 文徳 氏

doyukai0416.JPG

2016年4月15日

第2302回  新しい働き方 テレワークの可能性

<テーマ> 新しい働き方 テレワークの可能性

<放送> 4月9日(土) 午前7時30分~午前8時

 インターネットなどを活用した、場所や時間にとらわれない働き方
「テレワーク」。最近耳にすることが多くなってきました。
 新しい概念ではありませんが、国も普及推進に力を入れるなど、社会の変化に伴い、
 注目が集まっています。
 きょうはこのテレワークの様々な可能性について、お話をうかがってまいります。
 
<ご出演>

■ 日本テレワーク学会 会長
  東北芸術工科大学教授 松村 茂 氏

■ AISOHO企業組合専務理事 海谷 美樹 氏
  
■ 山形経済同友会 会員
  エム・エス・アイ代表取締役社長 金子 昌弘 氏

douyu0409.jpg



2016年4月08日

第2301回  女性をターゲットにした観光戦略

<テーマ> 女性をターゲットにした観光戦略

<放送> 4月2日(土) 午前7時30分~午前8時

 今月末から、春の大型連休も始まり、旅行を予定されている方も多いかと思います。
 近年、「山ガール」「パワースポット巡り」「癒し」といった
 女性の様々な旅行形態が、注目を集めていますが、
 はたして山形は女性に魅力ある観光地といえるのでしょうか。
 今回は女性をターゲットにした観光戦略についてお話をうかがって参ります。
 
<ご出演>

■ 出羽庄内地域デザイン代表取締役
  地域文化情報誌Cradle編集長 小林 好雄 氏

■ やまがた女将会 副会長
  天童温泉 松柏亭あずま荘女将 高橋 ゆき江 氏
  
■ 山形経済同友会常任幹事
  高島電機代表取締役会長 井上 弓子 氏

teigen0402.jpg

2016年4月01日

第2300回  街の空きビル再生~山形・『とんがりビル』の挑戦~

<テーマ> 街の空きビル再生~山形・『とんがりビル』の挑戦~

<放送> 3月26日(土) 午前7時30分~午前8時

 今回は、地方都市が抱える共通の悩み
 中心街の空きビル問題をとりあげます。
 県庁所在地の山形市も、近年、中心街の空きビルが目立っています。
 その一方で、使われていない『空きビル』を再生して、
 街の賑わいを取り戻そうという取り組みも始まっています。
 今回はその中心メンバーにご出演いただき
 きビルの再生には何が必要かを提言していただきます。
 
<ご出演>

■ 株式会社マルアール代表取締役 水戸 靖宏 氏

■ (株)アカオニ代表 小板橋 基希 氏
  
■ 山形経済同友会 会員
  (株)東邦エンタープライズ代表取締役 横田 隆義 氏

teige032616.jpg

2016年3月25日

第2299回  学力と学習意欲向上の方策は

<テーマ> 学力と学習意欲向上の方策は

<放送> 3月19(土) 午前7時30分~午前8時

 県では去年、全国学力テストに関して成績が低下傾向にあるとして
「県学力向上プロジェクト会議」を発足。
 また複数の県立高校普通科を再編し、新たに「探究科」を設置することが決まるなど、
 教育をめぐる動きが活発化しています。
 今回は、県内の児童生徒の学力や教育現場の現状、学力・学習意欲を高めるための
 方策など、様々な角度からお話をうかがって参ります。

 
<ご出演>

■ 山形大学大学院教育実践研究科教授 渡部 泰山 氏

■ 山形県家庭教師協会教務部係長 庄司 透 氏
  
■ 山形経済同友会 会員
  前田製管代表代表取締役社長 前田 直之 氏


teigen0319.jpg

2016年3月18日

景観賞

最新の記事